2007年11月14日

新作キティ発見…おおさかバージョン

ちょっと忙しくてブログをご無沙汰しておりました。

帰りに売店にて久しぶりにご当地キティのチェックをしてみました。

新作発見!

夫婦善哉キティ岩おこしキティです。

夫婦善哉キティは、夏にさんりお屋で発見した和菓子シリーズのぜんざいを応用したものと思われます。お椀の中にぜんざいが入っていて、白いお餅が2個浮かんでいる。その1個がキティちゃんで、もう一個がダニエルなのです(笑)。関西なのに丸餅でないのが疑問ですが。

岩おこしキティは、はっぴを着てちょこんと座ったキティちゃんの背後に板状のものがぶら下がっているのですが、これが、岩おこしなのです。ちゃんと胡麻が入っているし、表面にはキティちゃん印が…。

久々に発掘した新作なので、明日さっそく教務部のIさんに進呈することに致します。
posted by 朽縄木菟 at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

トイレのキティちゃん

小学校低学年のこどもが、「トイレの花子さん」の話を聞き込んできた。保育所の時は花子さんの存在を知らなかったので、成長である。

だからなのか、暗いところやトイレに1人で行くことを怖がるようになった。駅やデパートのトイレは平気なのに、家のトイレに行きたがらないので、何かと面倒である。

トイレに行きたくなると、親を呼んで「一緒に(トイレに)行って」という。

自慢ではないが、うちのトイレは、保育所のトイレにも負けないくらい楽しい場所を意識して演出してある。保育所時代はそれで切り替えが上手く行ったのに…

例えば、こんな感じ。
トイレ用品は、マットも、ふたカバーも、全部キティちゃんだし。
ピンク色かカラフルな色で構成されていて、花子さんどころではないのだが。


もしかして、花子さんもキティちゃんが好きなのだろうか?
posted by 朽縄木菟 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

再び梅田さんりお屋探訪

今日は、ナビオのチケットを使うために、ついでに「西遊記」を観に行くつもりだった。行ってみると、水曜レディス・デーで、ものすごい行列。しかもお目当ての上映は、満席売り切れ。

こういうときは、いさぎよく諦める。

「ミルクの旅」でフローズン・ヨーグルトを食べて子どもの機嫌をとり、さらにさんりお屋へ(笑)。映画の代わりはそれなりにかかるものだ。

今回、縁起物コーナーが充実していた。

SN360458.JPG仙台でゲットした風水ふくろうの青い大きな鈴があと2種類あったし、十二支シリーズが、メタリック調と落語バージョンなどが追加されていた。ネームスタンプも金色の招き猫風の新商品が(少し悪趣味だが)。

*画像をクリックすると大きくなります。


歌舞伎シリーズを握り締めた子どもに対して、「それはもう確保したから要らない」と説得したり、ここを訪れる親子連れは、「○個ならいい」とか、「もう一個ダメ?」とか、絶え間ない交渉に明け暮れていた。

知人さま&KITTYさんへ伝言
posted by 朽縄木菟 at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

ご当地キティ…久々に新商品発見?

ぴるつ先生の「谷大キティ会」のイラストに合わせて、今日は、久しぶりにキティネタで書いてみます。

新大阪で久しぶりにチェックを。新しいものとしては、「空中庭園キティ」なんてのもありましたが、あまり面白くなかった。

今回、教務部のキティラーIさんのツボを押さえそうなものを2種発見。

・「大阪バナナキティ」
三日月のようなバナナにちょこんと寝そべるキティちゃんはちょっと可愛いです。「大阪バナナ」とは、「東京バナナ」に対抗して作られたお菓子です。食べたことはないけど、安易な企画だと思いましたが、このキティちゃんは可愛いです。

・「神戸限定スウィーツキティ」
タイプとしては、「名古屋限定ういろうキティ」、「京都限定生八ツ橋」や「泉州みずなす」と同じパターン。食べ物が本体で手足がぶらぶらしています。今回、プリンアラモードに目鼻が…。アタマのてっぺんに風見鶏の形のクッキー(?)が。

同じタイプとして、「大阪限定たこ焼きキティ」というのもありましたが、これは、別にキティちゃんでなくてもいい感じです。

では、Iさん、お楽しみに♪
posted by 朽縄木菟 at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

遂に登場!大谷大学キティ♪

遂に大谷大学キティが登場した。

これまで極秘事項となっていたが、昨年の夏以来、ぴるつ先生と働きかけた甲斐があったというものだ。

実現に向け奔走してくださった皆さま、ありがとうございました。

早速、教務部Iさんが名札にぶら下げていた。
ゼミのHさんもビッグバレイで見かけて速攻ゲットしたそうだ。

実は、限定もののキティちゃんを収集する知人から、「出たら教えて」と言われていたのだが、学内で販売し始めたということは、もう公表してもいいということか。
どんどん宣伝しようと思う(笑)。

070627_211419.jpgHさん撮影の最新画像です。
谷大のシンボル尋源館を背景に佇むちょっとバンカラな学生服姿のキティちゃんである。レトロな赤煉瓦の尋源館はどっしりとした重量感があり、キティちゃんも大きめでお得感が。本学のマスコットとして、「キティちゃんには抵抗が…」という男性にもお薦めしたいと思う。
*画像をクリックして拡大してご覧下さい。


先週のキャンパス見学会には、残念なことに間に合わなかったそうであるが、今後ちょっとした話題になりそうである。
posted by 朽縄木菟 at 23:51| Comment(8) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

梅田さんりお屋探訪

子どもと映画に行った帰りに、さんりお屋に立ち寄ってみた。店頭のご当地キティの壮観さにまず圧倒される。確かにすごい。

「全国の限定キティが手に入る」と言われる東京店と比べるとどうなのかわからないが、一応、北海道から沖縄まで全国の限定キティを網羅しているようだった。

あまり時間はなかったが、親子で大急ぎでチェックを入れた。なんだかんだ言いながら、子どもは、抜かりなく自分用のキティちゃん(因幡の白ウサギ他)を5個もカゴに入れていた。

私は、P氏の知人さまに招福カエルキティを、P氏にはキノコキティを、教務部Iさんにはソフトクリームキティを、按吉さんには忠臣蔵キティをゲットした。自分用には、土佐犬キティである(いぬ占いで土佐犬だった)。

じっくり見ると、もっと面白いものを発掘できるかもしれない。時間のあるときに来たいものである。
posted by 朽縄木菟 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

USJのキティ&ダニエル

日曜日、哲学科の学生・院生有志とぴるつさんたちは、悪天候の中、USJに行ってきたそうです。

ツアーに参加したswordさんからのおみやげ画像です。

SN360518.JPGグリーンなキティちゃんです。
ピンク色の植木鉢の上にちょこんと立っています。ピンク色のリボンがアクセントらしい。分かりにくいですけど、頭のリボンも上手に刈り込んでありますね。ちょっと太めのキティちゃんかな…


SN360517.JPG同じくグリーンなダニエルくんです。
こちらもピンクの植木鉢の上に、ちょっとばかりばつが悪そうに立っています(水色の植木鉢の方がよかったとか…)。こちらは青いリボンを付けて、特徴的な髪型(?)が見事に再現されています。


ところで、swordさん、このキティ&ダニエルは、どういう場所にあったのですか。どこで発見したのか後で教えて下さい。
posted by 朽縄木菟 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

意外な収穫…ラッキーカラーふくろうバージョン

仙台から帰って参りました。やはりスケジュールは一杯一杯で、駅ビルには行く暇がなく、「ずんだロール」は幻と消えました(泣)。

仙台空港の売店でおみやげをあさっただけでした。

しかも残り時間がなくなってきて、レジを待つか、搭乗手続きをするか…という究極の選択を迫られ、バームクーヘンも諦めました。

お菓子に関しては、今回は運が悪かったのですが、意外なところで収穫がありました。

カエルさまの喜びそうなものや、swordさんに受けそうなご当地ど〜もくんをゲットした店に、「ラッキーカラーふくろうバージョン」が。これは『完全カタログ』でも見たことがないものでした。

SN360471.JPG
続きを読む
posted by 朽縄木菟 at 23:30| Comment(5) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

予想通りの反応

この何日間か、カゼにて倒れておりましたが、今日は復帰しました。

先にブログで予告していた大阪限定新製品を本日教務部のIさんに渡すことが叶いました。某大学に出張に行く途中の地下鉄の車内でしたが、予想通りの受け方でした。

なので、とりあえず、私は満足しました。

意外だったのは、まむし丼(大阪で言ううなぎ丼)のうなぎ(頭と尻尾つき)とドンブリが金色であることに反応していたことです。

確かにあのうなぎはちょっと愛嬌のある顔をしています。でも胴体は蒲焼きにされてしかも切り身になってご飯に混ざっています。そのドンブリの中央に鎮座してうなぎ丼を食するキティちゃんは、かわいいのですが、ちょっとコワイです(よく考えると)。
まむし丼豆知識&Iさんの「かわゆいベスト3」
posted by 朽縄木菟 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

大阪限定新製品♪

連休明けだし、新大阪を通ったので久々に恒例の売店チェックを(笑)

キューピーが大変充実したほか、ご当地キティ以外のキャラクターの大阪限定ものが豊富になっていた。

swordさんのバイト先の店長さんが喜びそうなガチャピン&ムックの赤い方の京都限定ものと大奥ver.が。大奥はレアだが不気味。
P氏の友人さまが反応しそうなケロロ軍曹大阪ver.とフロッグスタイル(?)の京都・大阪・神戸ver.(各3種)など。

で、肝心のキティちゃんはどうかというと…

多分、Iさんの琴線に触れると思われるものとしては、泉州なすキティ

070417_2138~0001-thumbnail2.jpgこれは、紫色も鮮やかな泉州特産の水なす。普通のなすより水分が多いのが特徴だ。京都の生八ツ橋や名古屋のういろうと同じ形態の仲間である。なすにしては大きすぎないかとも思うが、その辺はどうでもいいことにする。


これまで紹介しそびれていたもの↓
posted by 朽縄木菟 at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

三都物語?後日談

その後、教務部のIさんから以下のようなメールをいただいた。ご本人の承諾済みと言うことで、一部抜粋する。

2894189399.jpg「おはようございます。
大阪城と、忍者Kittyありがとうございました。
忍者は新バージョンですね(-_☆)
巻物がなんともいい味出してます!
大阪城は芸が細かい!
抱きつきものはかわいいです!!
ありがとうございました。」

*画像は旧バージョンです。新バージョンは下に。


070315_2207~0002-thumbnail2.jpg今回もIさんのツボを外さなかったようで、うれしい(笑)。
大阪城は、見た瞬間、受けそうな予感がしたものだ。
忍者は、目を閉じて呪文を唱える表情がなかなか良い。
*画像を見つけました。旧バージョンと比較してみてください。


一度、Iさんの個人的なベスト3を知りたいものだ(取材にいくのでよろしく!)。

posted by 朽縄木菟 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

三都物語?

最近ふくろうネタが続いたので、ご当地キティ情報を。

一昨日、新大阪の売店にて新作をチェック(ときどき思いつくと実行)。新大阪駅には複数の売店があるが、私がよく行く店は小さいながらも店内はご当地キティで溢れている。「売れ筋!」や「New!」といった札をつけて捜しやすく工夫している。


070417_2137~0003-thumbnail2.jpgついに、大阪限定バージョンに「大阪城キティ」が登場。少々ちゃちな大阪城にキティちゃんがしがみついている。個人的には、通天閣キティよりは説得力を感じるが。


070305_1944~0002-thumbnail2.jpg同様に、「京都タワーキティ」や「神戸ポートピアタワーキティ」も発見。とりあえず大阪城のみゲット(教務部のIさんなら、三都を揃えるのだろうか)。*画像はボートピアタワーです。


あと私の目をひいたのは、伊賀上野限定バージョンで、赤い忍者キティが巻物をくわえてドロンと消える一歩手前のもの。手裏剣を片手に走っている通常のものとは違うかわいらしさがあった。

おまけ
posted by 朽縄木菟 at 22:36| Comment(3) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

岩手限定キティ

昨日(藤)さんよりお土産をいただきました。ちょうど研究室に遊びに来ていたswordさんに画像にしてもらいました。

まずは、こんな感じです(笑)。

SN360163aa.jpg
全部で4種類。
(藤)さんが帰省の折に空港でゲットして下さったものです。ありがとうございました(笑)。


続きを読む
posted by 朽縄木菟 at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

神戸限定中華街バージョン

ついでと言っては何だが…新大阪で神戸限定のキティちゃんをゲットした。教務部のIさんとFさんに進呈するためである。

070315_1127~0002-thumbnail2.jpg以前、Iさんには、同じシリーズの「天津甘栗」を梅田にて発見し進呈したことがあるのだが、これはIさんの琴線に触れる傑作だった。天津甘栗の袋の裏面が透明でリボンを付けた栗マスク風のキティちゃんが一粒入っている(なぜか頭だけ)。よくよく考えるとヘンだが、可愛いのでよいことにする。

その際には、「天津甘栗」のインパクトがあまりにも強すぎて他のものが霞んでしまう程だったが、今回、改めて他のものを見てみると、ちょっと面白い。

続きを読む
posted by 朽縄木菟 at 00:52| Comment(7) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

新「おおさか」バージョン♪

こんにちは。皆さま、お久しぶりでございます。

先日、新大阪の売店にて、ご当地キティの新しい「おおさか」バージョンを発見!
見た瞬間、教務部のIさんに大受けすると直観し、速攻ゲットした(笑)。

大阪の名物をモデルにした物で、2種類。

一つは、「鶴橋焼き肉バージョン」。

0000055-thumbnail2.jpgキティちゃんの頭が七輪に一体化した驚愕のデザインである。七輪の上には、金網が乗っていて、焼き肉と一緒に椎茸なども一緒に焼けている。芸が細かい。頭=七輪のキティちゃんは、手にお箸とお皿を持って焼き肉を食するのである。


もう一つは、「新世界串カツバージョン」。

0000044-thumbnail2.jpg何とこちらは、キティちゃん自身が、巨大な串カツと化しているのだった。串カツの中程にキティちゃんの顔がついていると言えば分かりやすいか。9月に名古屋でご当地キティを見たときも、串カツはいなかったので、強烈なインパクトだ(えびフライはいたけれど…笑)。名古屋に勝ってうれしい。


結果は…予想以上に、Iさんに受けたのだった。
蛇足
posted by 朽縄木菟 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

久しぶりのご当地キティ・・・山形編

pilzさんが大谷学会で発表をした金曜から一泊二日で山形へ行ってきた。
目的は、科研の調査の一環で、山形大で開催される某学会に参加するため。

到着後すぐに空港内の売店を物色する。


060924_0843~0001-thumbnail2.jpgさくらんぼキティ、だだちゃ豆キティ、奥の細道キティ、将棋駒キティ、花笠キティ、いずめこキティ、最上川キティ、羽黒山キティ、笹野一刀彫キティなどがあった。


060924_0845~0001-thumbnail2.jpg『完全カタログ』で確認すると、だだちゃ豆キティは、新商品らしく掲載されていない。教務部のIさんのために、さくらんぼ・だだちゃ豆・奥の細道をゲット。



山伏スタイルの羽黒山、長刀を持った将棋駒も少し気になったが、今回は、本道を押さえることにした(笑)。
posted by 朽縄木菟 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

江戸前アナゴきてぃを探す!の巻

東京への出張の帰り。「アナゴ大好き選手権近畿大会」ベスト8の実績をもつアナゴフリークでもある哲学者は、電車待ちの時間に “江戸前アナゴきてぃ” を探す。出発前の「そんなものも、あるかもしれない」は、すでに「あるに違いない、なければ、ちゃぶ台をひっくり返す」に変わり果てている。

立ち並ぶ売店へのダッシュを延々と繰り返していたら、高校野球球児だったあの夏を思い出した(いつ球児だったのだ?)のだが、ともかく、なかった(゚◇゚)~ガーン‥‥しかたなく、雷門の提灯に抱きついているリラックマを買おうとするが、自制する。煮ても焼いても喰えん街だ、東京よ。

その後、八つ当たり気味のアナゴフリークが京都駅の売店で再びダッシュをかけまくったことは、いまさら言うまでもない。
posted by pilz at 08:20| Comment(4) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ご当地キティ:甲信越篇

科研の調査で長野県のI短大に調査に行ってきた。名古屋からレンタカーで中央高速を抜けて行く。途中のSAで休憩する度に、限定ものキティをチェックしたのだった。

結論から言うと、なかなか収穫があった(笑)。

名古屋限定もの(手羽先キティ、ひつまぶしキティ、エビフリャ〜キティなど)のほか、信州限定もの、南アルプス限定もの、岐阜限定もの、新潟限定もの、山梨限定もの等々。エリアの分け方がイマイチ分からないが、豊富である。

最近、教務部のIさんに受けそうなものが直感的に分かるようになった(笑)。
続きを読む
posted by 朽縄木菟 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

うなぎの赤ちゃんきてぃ

kitty02.jpg

浜松への出張の帰り。電車待ちのあいだに、キティちゃんがぬるぬるウナギと格闘している “ウナギ格闘キティ” を探す。うなぎパイがあるのだからそれくらいのものがない理由はない、と出張の内容などそっちのけで、ウナギフリークでもあるキノコおたくは楽しみにしていたのだ。目を皿のようにして浜松駅周辺をうろつくが、ないっ!(゚◇゚)~ガーン‥‥しかたなく「うなぎの赤ちゃんきてぃ」で満足することとする。

京都駅に戻り、さっさと帰ればよいものを、売店をうろつき続ける。キノコおたくな哲学科教員にはキティちゃん=ピンク色というイメージがあって、ピンク色がかったエリアがあるとみるや、すかさずダッシュをかける。各売店のピンクエリアに何本かダッシュを繰り返すなかで、たまに緑色にダッシュしている自分がいることにも気づく。カエルグッズを探しているらしい。ごくまれに焦げ茶色に反応しているのは、フクロウを探しているのだろう。じょじょにミイラ化しつつあるのやも知れぬ。朽縄木菟さん、「キティ」というカテゴリーを作りましょうか?(笑)
posted by pilz at 22:14| Comment(3) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

ご当地キティ再び

先日、いわしさんが院生ブログに書いておられた高山のご当地キティを拝受した。

確かに・・・すごい。強烈なインパクト!である。

高山合掌造りとさるぼぼが一体化したデザイン。さるぼぼキティが合掌造りの中から顔をのぞかせているのだ。

これは、『完全カタログ』には掲載されていないので、間違いなく2006年以降の新作であろう。

『完全カタログ』によれば、同様のパターンは、国会議事堂キティ、都庁キティ等がわかりやすいが、大阪の限定バージョン「かに道楽」も同じパターンである。

この高山限定キティを見た瞬間、大谷大学限定バージョン「尋源館キティ」のイメージが浮かんだのだった。レトロな明治建築の中から顔をのぞかせる小坊主キティ・・・。
posted by 朽縄木菟 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | キティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする