2017年07月05日

大拙忌公開講演会――7月6日は明日です

 都民ファーストといのもなんだかなー、といろいろと考えていたら、もう明日に迫った大拙忌のご案内をするのが遅くなってしまいました。

 昨年までは、主に鈴木大拙の謦咳に接した方々から、大拙の思想を語っていただく、というのが大拙忌公開講演会の趣旨でした。
しかし、没後50年を過ぎた今、それもだんだん困難になってきております。
というわけで、今年から、宗教をめぐる、あるいは命をめぐる問題を宗教学や哲学の視点で考えてゆく講演会にしていきたいと思います。
もちろん、大拙そのものを考えるということもありますが、もう少し広い問題を考えてゆきたいということです。

 というわけで、今年は、この一年間、アメリカで在外研究をされていた藤枝真先生から、とびきり新鮮でホットな話題を提供していただき共に考える場を持ちたいと思います。

大谷大学宗教学会 大拙忌記念公開講演会
 1017年7月6日(木) 16時20分より17時50分
 会場:大谷大学 慶聞館(新しい建物)2階K208教室

 講題「日米生命倫理における言説スタイルの変化」
 講師 藤枝真先生(大谷大学文学部哲学科准教授)

 ご案内が遅くなりすみませんでした。
posted by CKP at 12:08| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。