2017年06月22日

詰将棋を解いて、ヘーゲルを読もう!――弁証法は藤井クンに学べ

 藤井4段、すごいですね。
とうとう28連勝です。
中三でこんなことになってしまって、残りの人生はどうなるのでしょう――などと、よけいな心配をしてしまいます。
もう、誰か負かさんといかんのちがう?

 というわたしも、昔途中で放り投げた詰将棋の本を引っ張り出して、アタマを鍛えています。
三手詰めの問題を、うんうん言いながら解いています。
63歳からでも遅くはない!

 ところが、そのあとヘーゲルを読むと、あら不思議、今までのどうしても読めなかったところが、するすると詠めるではありませんか!
おそらく、ヘーゲルの文章を、詰将棋を解くように読んでいるのでしょう。
つまり、こちらがこう出れば、あちらがこう出て、そうすればこう出る。
つまり、対話的な運動を文章に読み込んでいる、これぞ弁証法!

 これ冗談ではなく本気です。
将棋の論理とヘーゲルの論理、けっこう共通点があります。
なにせ、死んだコマが生き返るのですから。
ヘーゲルではそれをガイストつまり精神と言っとりますです、はい。

 藤井4段の健やかな今後を祈ります。
posted by CKP at 13:16| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。