2017年05月25日

人の身になって考える――客観的に考える

 アベ君が「朝日新聞の報道は言論テロ」というツイッターだったかフェイスブックだったかに「いいね」を押した、という情報がネットで報じられています。
報道をテロと断定するそういう考え方は言論弾圧だ!という批判はもっともです。

 が、それ以前に、アベ君にとっては、今治市の獣医学科新設をめぐる一連の報道はテロに見えてしまった、ということが、問わず語りに事の真相を告白しているのが面白いです。
ここはアベ君の身になって考えてみませう。

「こ、こんな報道は爆弾みたいなものだ!こんなことが報道されたら、僕の政治生命が終わってしまう・・・」アベ君はきっとこんなふうに思って朝日新聞の報道を苦々しく思っていたのでしょう。
だもんで、「朝日は言論テロ」という書き込みに思わず「いいね」を押してしまったんでしょうね。
心中お察し申し上げます。
しかし、一国の宰相がネットの書き込みにいちいち「いいね」を押しとっちゃいかんよね。

 また、国連の人権部門から今度の共謀罪法案に質問書が来ていて、それを露払いのスガ君がはねつけているという報道も表に出てきています。
この状況を客観的に外から見ると、日本というのは、人権を軽んじる国に国連には見えていて、北朝鮮と同じようになるのではないかと危惧されているということなのでしょう。
そう思って、アベ君とキム君を並べて眺めてみると、だんだんその太り具合、刈り上げ具合が似てきているような気がします。
また、取り巻きの必死の生き残り忖度処世術というのも似ている。
これで、「忖度なんかしていられるかい!」という人たちが出て来なかったら、ホントそっくりになってしまいます。
 
 そのあたりのことが週刊文春、新潮に出ていそうで、さて、今日はどちらを買って、サンダーバードにのりませうか?
posted by CKP at 14:10| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。