2016年12月30日

あたしこの本好きかも!――曽我量深述『未来に就いて』

 寒い中、本堂のそうじやらなんやかやに飽きてきましたので・・・。

 先日、今年読んだ本ということで
佐藤康邦『教養のヘーゲル『法の哲学』』
荒木一郎談『まわり舞台の上で
の2冊を挙げましたが、もう一冊思い出しました。

 越前市内のさる寺院の御遠忌の記念品としていただきました。
曽我量深述『未来に就いて』(樹心社)。
1971年6月に亡くなった曽我師の最後の法話、1970年11月10・11日のその「さる寺院」浄秀寺でのご法話を収録したもの。
曽我量深の文章や講演記録は、面白いけれどもよくわかないないのでたまにしか読まないのですが、これは素直にわかりやすかったです。
最後の法話という、そんな大事な法話が今までなぜ出版されなかったのか・・・というようなことも含めて興味深い本です。

 というわけで、今年の本ベスト3は
佐藤康邦『教養のヘーゲル『法の哲学』』
荒木一郎『まわり舞台の上で』
曽我量深『未来に就いて』
と見事なまでにバラバラです。
ついでに、佐藤康邦先生の『哲学史における生命概念』という放送大学のテキストが、『判断力批判』を中心に目的論のことが極めて分かりやすくまとめてあって大変にためになります。

 が、よく考えてみれば一番読んだのは、わっしぃの『折々のことば』でしょう。
その中では「あたしこれ好きかも!」つーのが、いちばん好きかも!
posted by CKP at 15:36| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。