2016年12月21日

雨のアムステルダム――オイオイの言葉

 今年になってTVドラマで映画化もされた『深夜食堂』にはまってしまいました。
もうどっぷりズブズブにはまっています。
オイオイ今ごろかよ〜ですね。

 小林薫が演じる食堂「めしや」のマスター。
新宿ゴールデン街のどこかにある夜中12時から朝7時ごろまで開いてる、メニューは豚汁定食と酒類(3本まで)の食堂。
でも、できるものなら何でも作ってくて、「お待ち!」とマスターが出してくれる。
いろんな料理にいろんな人生。
しみじみとした味わいがあって、また一話が25分ほどで見やすい。
何度も何度も見てしまいます。

 そして、気が付いた。
これが『あまちゃん』のすし屋のマスター・梅さんのモデルだったんだ。
まさに、じぇじぇじぇじぇじぇであります。
今までは、小林薫が30年ほど前に演じていた『イキのいい奴』というTVドラマのすし屋のマスターがモデルだと思っていたけど、『深夜食堂』の方がおそらく正解でしょう。
  
 というわけで、『あまちゃん』も見直さねばならない。
俳優さんもだいぶかぶってますもんね。

 で、その深夜食堂「めしや」の近くに「雨のアムステルダム」という店があって、その看板がときどき映る。
どんな店なんだろう。
気になってしょうがない。
「霧のロンドン」でも「花のパリ」でもなく「雨のアムステルダム」。
一度だけでも行ってみたいと思うのでした。
posted by CKP at 14:25| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。