2016年11月29日

言語の矛盾――音楽の嫉妬

 先ごろ、わっしぃの「折々のことば」に取りあげられたジョン・ケージのことばが、我がアタマに引っかかってはなれませぬ。

I have nothing to say and I am saying it.

これが、butで連結された文ならば、「言うことは何もないって、それを言っているじゃないか!」という揚げ足取りの突っ込みなのだろうが、andで結ばれた場合は、そうはなっていないように読める。
わっしぃによれば、ケージはこのことばをよく口にしたという。
 
 思うに、ケージは音楽の立場から、言語に嫉妬していたのではないでしょうか?
「何も言うことはない」と言うことができる言語に、音楽は憧れた。
矛盾を平気で抱え込む言語に、音楽は嫉妬した。
しかし、音楽は「何も言うことはない」を、「演奏しない」ということでしか表せない。
言語のように、発話主体と文の主語が平気で矛盾するということができない。
「何も言うことはない」は、4分33秒、ピアノを弾かないということでしか表現できない。

 と、ここまで考えて、待てよ、とケージの曲をフッソングというアコーディオン弾きが引いているCDを取り出してみる。
すると、そこでは常に音がなっている。
アコーディオンのふいごから空気が送られている間、ずーっと音が鳴っていて、その上にメロディが流れる。
となると、ずーっと流れている音はメロディという図に対する地として、背後に退き、沈黙と同じ役割を持つ。
そこでは、確かに音が沈黙を表現するということになる。
が、それはあくまでもメロディに対しての地としての沈黙。
(この音のある地と音のない地をヘーゲルの論理学の最初の存在=無⇒生成の説明に使うとよく分かる!)

 が、もういっこ、高橋悠治が弾くプリペアド・ピアノはいったいこれと関係あるのか?
ピアノの弦にいろんなものを挟み込んで演奏するプリペアドピアノをケージは発案した。
どんな音になるかは弾いてみなければ解らない。
久しぶりにLPを引っ張り出し聞きましたが、なかなか、ミニマル・ミュージックとして気色よろしい。

 これと先の言語への嫉妬を合わせて考えた。
この間、ずーっと考えていたのです。
もらえなかった「お礼」のことばかり考えていたのではないのです。

 で、まったくの思いつきですけど、ケージは水墨画の世界を音楽で表現したかったのではないか?
描き残しというか、まったく塗られない広大な空間が平気で広がる水墨画。
しかし、その「何も描かれていない空間」が何かを伝えてくる。
しかも、その線は、かすれていたり、墨のしずくが垂れていたりすることもある。
作品を偶然に平気でゆだねている。
そんな音楽を創りたい・・・・

 それがどうした、と言われると困るのですが、雪舟あたりの水墨画を想いながら、ケージを聴くとなるほどとけっこう納得して気持ちよく聴けるのでした。




posted by CKP at 17:58| Comment(1) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しいですね。でも言語のほうも実は誰よりも音楽を評価し、理解していたのかもしれません。ときにその不当に憤りながら。
Posted by at 2016年11月29日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。