2017年03月17日

空に星があるように――ご卒業おめでとうございます

 本日は、京都は北大路、大谷大学の卒業式です。
哲学科卒業生の皆さん、カドワキゼミ卒業生の皆さん、おめでとうございます。
とりわけ、最後までハラハラさせてくれた方々、しぶとく頑張りました。
その調子で、今後の人生の荒波を乗り越えていってください。

 が、時には座礁することもあります。
私の場合、20歳代は座礁の連続でした。
そんな時に、気が付くと口ずさんでいた歌をはなむけに贈ります。

荒木一郎作詞作曲そして歌唱の「空に星があるように」
これです。



春に小雨が降るように
秋に枯れ葉が散るように
それは誰にもあるような
ただの季節の変わり目の頃

う、う、う、う、・・・・

こんな歌とは無縁の人生だといいのですけれど・・・
posted by CKP at 12:42| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする