2017年02月28日

「死と乙女」のほうへ――西田幾多郎、オルカーニャ、コパチンスカヤ

 西田幾多郎は「『国文学史講話』の序」(『思索と体験』所収)というエッセイで、その『国文学史講話』の著者・藤岡作太郎と西田自身の子どもを亡くした経験について書いています。
ちょうど『善の研究』を書いていたころの文章です。

 そこに「オルカニヤの作といい伝えている画に、死の神が老若男女、あらゆる種々の人を捕え来りて、帝王も乞食もみな一堆の中に積み重ねているのがある、栄辱得失もここに至っては一場の夢に過ぎない。」という文章があります。
今年の講義でこの文章をとりあげたとき、「このオルカニヤの画というのはどんなんでしょうかねぇ。誰か調べてくれませんか」とつぶやいたら、それを調べてきてくれたレポートが3篇ありました。
3人とも、図書館では「オルカニヤ」では調べられず、ネットで調べて「オルカーニャ」なる人物に行きついていました。
オルカーニャことアンデレア・ディ・チョーネ・ディ・アルカンジェロという人物で、1308年ごろ生まれ、1344年から68年までフィレンツェで活躍した画家にして彫刻及び建築家。
例の画は「死の勝利」というフレスコ画であろうというのが、3人の共通した結論でした。

 なるほど、ネットとはこうゆうふうにして利用するのか・・・ネットにうとい怠け者の教師は感心してそのレポートに「S」を付けてしまいました。

 このオルカーニャの活躍した時期は、ヨーロッパで黒死病つまりペストが流行り、ヨーロッパの人口が半減したといわれる時期に重なります。
その「死の勝利」という絵も、おそらくペストの大流行と関係があるのでしょう・・・

 なんてことを考えていたら、タワーレコードで、パトリツィア・コパチンスカヤの『「死と乙女」のほうへ』という奇妙なタイトのCDが目に止まりました。
英語のタイトルは「DEATH AND THE MAIDEN  SCHUBERT」つまり「シューベルトの死と乙女」なのですが、邦題では『「死と乙女」のほうへ』と妙な言葉がくっついています。
なんじゃろ?と曲目を見ると、シューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」の4つの楽章のあいだに、「死の舞踏」と呼ばれた中世の曲や現代の死を扱った曲がはさまっているのでした。

 何たる偶然と即座に購入を決定。

 冒頭の妙に明るい「死の舞踏」という曲が、なんだか人間の無力さ、そして「一場の夢」という感じで妙に納得させられます。
しかもシューベルトは弦楽四重奏ではなく、もう少し規模の大きな弦楽合奏。

 今まで、「死と乙女」という曲はシューベルトにしては激しい曲であまり得意ではなかったのですが、こうして「死」のヨーロッパ的伝統の中で聴くと、たいへん説得力があります。
死に対するシューベルトの怒りともやけくそ的な諦めともつかぬ激しい感情が、コパチンスカヤの率いる弦楽合奏でストレートに伝わってきます。

わたしは大変に気に入っています。
posted by CKP at 16:49| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

まだ書いてます――『同朋』3月号ぼちぼち発売

 東本願寺出版部から毎月発行されている同朋3月号がぼちぼち京都市内の書店に並びます。

 わたくしカドワキの「人生ロードショー」も昨年の7月号から打ち切りを申し渡されることなく、細々と続いておりますよ。
3月号では『マッド・マックス 怒りのデスロード』をとりあげました。
ネタが少ないから何でも書いてます。

 ちなみに今まで書いたのは
『パリ・テキサス』
『男はつらいよ ハイビスカスの花』
『ローマの休日』
『道』
『魔女の宅急便』
『日本暗殺秘録』
『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』
『冬冬の夏休み』
そして『マッド・マックス』

 どういう基準で選んでいるのか自分のでもわかりません。
東本願寺の境内の書籍部に行くとバックナンバーが立ち読みできます。
ぜひ!
posted by CKP at 17:26| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

目頭が熱くなる声――『ハリー・ベラフォンテ カーネーギー・ホール・コンサート』

 ついに『ハリー・ベラフォンテ カーネギー・ホール・コンサート』を購入いたしました!
1959年のコンサートの実況録音ですが、名録音と言われ、現在でも、アメリカはもちろんドイツでも高音質の復刻LP(2枚組)が出ています。
いずれも1万円近くするのですが、今度はイタリアのゴールドノートという会社がドイツでプレスして発売しました。
9000円!
しかし、音溝に余裕ある3枚組で9,000円ということで、思い切ってアマゾン経由で購入。

 たいへん良かった。
2時間のコンサートがあっという間。
ベラフォンテの何とも言えない声がストレートに届けられる。
ビロードというより麻の布のちょっとざらついた声。

 最初はアメリカの労働歌。
そしてカリプソに移り、ついに「デ〜オ、デ〜〜〜オ〜」のバナナ・ボート。
その次に「さらば、ジャマイカ」。
それを聴いていたら、なんだか目頭が熱くなってしまいました。
ジャマイカのキングストンに可愛い女の子を残して旅を続ける歌。
ほんと、いい歌です。
ベラフォンテの声もいい声です。

 そして、世界旅行。
アイルランドの歌もあれば、ユダヤの歌も。
メキシコの歌もあって、最後はオーディエンスを巻き込んで「マチルダ」。

 その昔の「労音」のコンサートのような感じ(ったって若い方は全然わかりませんね)。

 こちらも、60年代のヨコワケの若者、「若者たち」を唄うような若者のような気分になってきます。

 ベラフォンテを聴くと、このひねくれた自分が、ちょっとまっすぐな人間になったような気がします。
馬齢を重ね人間がすっかりひねくれてしまった皆さんにお勧めです。
(CDもあるはずです)
posted by CKP at 17:54| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

胸の熱くなるモーツァルト――ファジル・サイのピアノソナタ全集

 さてさて、来年度の準備にぼちぼち・・・
その前に去年聴いた音盤について。

 新譜では、以前にも書いた、テオドール・クルレンツィスの『ドン・ジョヴァンニ』、そしてパトリシア・コパチンスカヤと組んだチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。

 それに、イリーナ・メジューエワワさんのモーツァルトのピアノ・ソナタ集。
ピアノという鋼鉄のバケモノに立ち向かう凛々しいロシア女性という感じの弾き方が気持ちの良い曲集でした。
サインももらったし・・・(というわけで「さん付け」です)

 と思ってたら、年末にファジル・サイのピアノソナタ全集が出ました。
以前のサイのモーツァルトは、ちょっと奇を衒った感じであまりなじめなかったのです。
で、ちょっと躊躇したのですが、いろいろと調べてみると、今回はそれほどスットンキョなことをやっているわけではなさそう。
しかし、それなりに刺激的な弾き方をしているようなのでエイッ!と購入。

 一番最初がそのトルコ行進曲付きのソナタ。
左手を強調した力強い演奏。
第三楽章のトルコ行進曲、なんだか胸が熱くなるような激しい演奏。
なぜ「トルコ行進曲」と呼ばれたのかがよく分かる演奏でした。
あのドラマ「阿修羅のごとく」のテーマ音楽のトルコ軍楽隊の音楽と通じる弾き方で、トルコ人サイの面目躍如といったところでした。

というわけで、昨年は、モーツァルトのピアノソナタのあたり年でした。

 また、クレイジーケンバンドの『香港的士』もヘビーローテンションでしたよ。
男女の愛。いけない愛。友達同士の愛。親子の愛。
いろんな愛がちょっとテレを含みながら歌われていてなかなかご機嫌なアルバムでした。

 そして、これも年末に出たルーマーという女性歌手の『This girl's in love』というバートバカラックの作品集がよかったです。
カレン・カーペンターをちょっと思い出させるような感じですが、カレンほどの凄みはない。
でも、自然な感じで、バカラック御大もお気に入りらしく、一曲参加されておられました。
このアルバム、CDで聴きましたが、レコードでも出たようで、どうしようかなぁ、と迷っています。
posted by CKP at 17:54| Comment(1) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ふたりでお茶を--『漱石と煎茶』☆☆☆☆☆

 卒論試問も終わり、レポート採点も終わって、そして追いコンも終わりほっとして大垣書店に行ったら、新書棚で、「読んでみんかね」と声をかけられました。
見ると、「漱石と煎茶」というタイトルの新書。
漱石と煎茶?
煎茶って、急須でいれるアレ?

 パラパラと見てみると、『草枕』で「余」にふるまわれるお茶が「煎茶」で、それが「抹茶」でないのには訳があるという内容。
面白そうなので、購入し拝読。

 煎茶の中国での由来が書かれていて、漢詩が多く、どれだけ理解したか心もとないが、とにかく読了。

 とっても面白かった。
小川後楽著『漱石と煎茶』(平凡社新書)

 権威に近づく「茶の湯」に対して、反権力的な「煎茶」。
そんなこと考えたこともなかったので、大変面白い。

も一度、漢文の引用なども味わいながら、ゆっくり読んでみます。

 が、おそらくうじゃうじゃピロリ菌が生息していた胃の持ち主の漱石にとって、煎茶でも抹茶でも、きつかったのではないか・・・と同情しました。
posted by CKP at 10:51| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

卒論試問、無事終了――ところで私はバカかもしれない(疑念)

 先週、卒論試問、19篇、無事終了いたしました。
まずはめでたい。

「無事」というのは、一人も欠席者が出なかったこと。
ま、当たり前と言えば当たり前なのですが、最後の授業の時、2名がインフルエンザで休んでいたのでちょっと心配していたのでした。
また、同僚でもインフルに罹っていた人がいたりして、私自身がインフルエンザにならないかとおびえながら卒論を読んでいたのでした。

 しかし、学生諸君もインフルを克服して全員時間通りに出席、私自身もインフルエンザに罹ることなく卒論試問を終えることができたのでした。
また、檀家さんにもインフルなどで亡くなる方もなく、無事、卒論試問を終えたのでした。

 それに、どの論文も、学術的には高レベルというわけにはいきませんが、真剣に取り組んだ跡が見えて、気持ちの良い論文でした。
どうして哲学科なんてところに来てしまったのか、そのことを真摯に問う論文でした。
このような卒論試問も、あと三回となりました。

 ところで、入院中の母親がインフルエンザに罹ってしまいました。
病院内でインフルに罹ったのはうちの母親だけ。
そして、発病の数日前に外部から母親に接触したのは私だけ。
つまり、どうも私が母親にインフルエンザのウィルスを運んだらしいです。
ところが、私自身はインフルの兆候は一切なし。
インフルエンザのウィルスは私の体を素通りしていったのでした。

 というわけで、ここにきてにわかに、私はバカではないかという疑念が沸き上がっていたのでした。
以前からその自覚はないでもなかったのですが、このような事実として突き付けられ、ちょっとショックです。
何をいまさら、と思われる方もおられるでしょうが、インフルも寄り付かないバカ、というのは想定外でした。

 ま、健康でよかったね、ということですわ。
なお、母親は快方に向かっておるようです。
posted by CKP at 18:04| Comment(0) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

今こそペルシアンラブ――ホルガー・シューカイ

 今こそ、いろんな民族の音楽のごった煮である音楽を聴きたい。
ロックって、アメリカやイギリスの民族のごった煮からできた音楽だなぁ、と改めて思います。

と思っていたら、、ホルガー・シューカイの「ペルシアン・ラブ」が記憶の底から浮かび上がってきました。
ホルガーおじさんは、ポーランド出身でドイツのバンド、カンで活躍した人ですが・・・

これです!

posted by CKP at 12:46| Comment(1) | 雑想・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする